プロフィール

"木のやん"こと木下威征

Author:"木のやん"こと木下威征
オーギャマンドトキオの「木のやん」こと木下威征です。お店にお越しいただくお客様とのちょっとしたやりとり、その日入荷した食材にまつわるエピソード、修行時代の思い出などなど思いつくまま。ありふれた食材をちょっとした工夫でアッと驚く一皿に変えるギャマンなレシピも紹介します。

ようこそ 木のやんのブログへ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌 「食べようび」

帰って、作って、すぐ食べる。めんどくさくない!
をテーマにまたまた、木のヤンレシピ登場!一つの野菜で美味しい一週間。

食べようび

84p~90pに載ってま~す。
スポンサーサイト

ドライトマトだって自家製だい!

画像-0133

湯剥きしたフルーツトマトを半分又は四等分にカットし、軽く塩をふり、バージンオイルをかける。

バットに網を引き、その上にトマトを並べ、約2日太陽の下で天日干しする。

甘く濃厚な味の自家製ドライトマトの出来上がり!

こればかりはお日さま頼み!
晴れの日を狙ってやりましょう!カラスも注意!大きなザルをかぶせたり、ネット等でトマトを守れ!

天気が良いからと言って油断は禁物。夕立には気を付けろ!


お手軽フルーツケーキ

画像-0106

市販のホットケーキミックスを基本分量作り、ホットプレート等で大さじ一杯づつ焼き、その上に色々な果物をトッピング。

仕上げにシナモンパウダーや粉糖アイスクリーム等を添えて出来上がり。

簡単にいくつかのデザート的なものを作りたいときには便利です。

ガスパチョ

画像-0101

これからの季節、簡単に作れて栄養も摂れる料理と言えば・・

玉ねぎ1、胡瓜2、ビーマン赤、青それぞれ2、完熟トマト2をざく切りにする。

それにトマトジュース400сс、マヨネーズ大さじ2、オリーブ油大さじ2、塩小さじ1、セロリ1、赤ワインビネガー大さじ2を加えて全てをボールでよく和える。

全体が混ざったらミキサーにかけ出来上がり!

ポイント、出来上がったら、よ~く冷やして食べましょう。お好みでタバスコを入れても良いよ。

夏の暑い日、食欲の無い時に最高です。

小エビと芽キャベツのフリット 蜂蜜マスタード和え

画像-0089

芽キャベツは生のまま半割にし、エビはせわたを取って、米粉と水を1対1で溶いたものに潜らせフライにする。

粒マスタード大さじ1、蜂蜜大さじ2分の1、マヨネーズ大さ2分の1と和えて出来上がり!

ボイントは表面がカリカリで熱いうちに食べる事。

じゃがいものガレット

画像-0088


ガレットとは、フランス語で「わらじき」の意味(わらで編んだ座布団の様な物)。

今回はそれをじゃがいもで表現してみました。千切りにしたじゃがいもに軽く塩・胡椒をし、よく混ぜる。
水分が出て来たら、しっかりと固く絞り、溶かしたバターと和えて、フライパンで形を丸く整形しながら押さえる。

両面をしっかり焼いて出来上がり!

このままでも、もちろん美味しいけど、上に色々トッピングすると、彩りもボリュームも良くなります。

簡単なので、是非チャレンジしてみて下さい。

アスパラの湯葉巻きフリット

画像-0071

生湯葉にグリーンアスパラの生とスライス・チーズとスライス・ハムを載せて春巻きのように巻く。

米粉を同割りの水で溶き、それにつけてから180度の油でカリット揚げる。

ポイント 湯葉で巻く時はしっかりハムとチーズが出ない様に巻く事。

ヒント  米粉の中にパセリやゴマ等を入れても面白い。

こはだの米酢〆

画像-0068

こはだを三枚におろし、ざる等に並べ両面にしっかりと塩を降る(粗塩)

約一時間ほど冷蔵庫で寝かし、それをたっぷりの米酢でじゃぶじゃぶ洗いザルにあける。

更に一時間ほど置いたら出来上がり!

ポイント:たっぷりの米酢でしっかり塩を洗い流す事。

ヒント: 甘味が欲しい時は少し米酢に砂糖又は蜂蜜等を混ぜておくと良い。

ミョウガの千切りやねぎ、生姜など薬味野菜と一緒に食べると美味しい。

定番ドルチェ、苺のスープ。どうやって作るの?

画像-0053

今日は今や定番デセールとなった「苺のスープ」の作り方を紹介しちゃいます!

赤ワインと砂糖で煮た苺をミキサーにかけ、それが熱いうちに、別にヘタを取って水洗いした苺を漬け込む。

そこへレモンのスライスとバニラのさやを入れたところで一晩寝かすんです。

これで美味しい苺のスープの出来上がり!


クスクスのサラダ

画像-0038-2

アビニヨン話しのお口直しに、今日はクスクスのサラダの美味しい作り方を紹介しちゃいます。

クスクス(スムール)1カップと沸騰したお湯1カップをボールに入れ、オリーブ油大さじ1・塩小さじ1を加えて軽く混ぜたら、ラップで蓋をして10分蒸らす。

そこに5ミリ角に切ったプロセスチーズ100グラム・胡瓜1本・トマト1。それにピーマン赤・青半分づつを加え赤ワインビネガーを大さじ2杯入れ軽く混ぜると美味しいクスクス・サラダの出来上がり!

鶏のクミン唐揚げ

画像-0034

玉ねぎ、人参、セロリをそれぞれ、3分の1。 醤油100cc、酒50cc、ごま油小さじ1に卵1個 全てミキサーにかける。

一口大に切った鶏もも正肉をその中につけ、クミンシードを大さじ1ふり、片栗粉にまぶしながら、油で揚げる。

ポイント1 ミキサーにかける時、ドロドロになるまでしっかりと!
ポイント2 片栗粉につけるときはさいばし等でタレに付けた肉を持ち、たっぷり、片栗粉を付け、粉をはらわずにそのまま揚げる事

いろいろ使える トマトドレッシング

画像-0032

<しら魚のフリットに合わせて>

今夜の食卓でも重宝しそうなスグレモノを紹介しちゃいます!

トマト1ヶ、エシャロット1ヶ。パセリ大さじ1。全てみじん切り。
蜂蜜小さじ1、赤ワインビネガー大さじ2、オリーブ油大さじ3に塩、胡椒を少々。

ボールに蜂蜜と赤ワインビネガーを入れ、蜂蜜が溶けたら全ての具材を合わせて出来上がり!

ポイント 蜂蜜はしっかりビネガーで溶かす事。赤ワインビネガーが無ければ、米酢でも良いですよ~!
     アクセントに、コリアンダー(粒)等を加えても良い感じです。

 揚げ物や魚介のカルパッチョ等に合う。ギャマンな夜では白魚のフリットに!


ギャマンなレシピ@ELLE à table!

画像-0031

今日はちょっと宣伝です!

雑誌、エルアターブル(ELLE à table) No48 号にて、オーギャマンの簡単レシピ掲載中!!

(「a」のアクサン記号が上手く打てません・・  あ、打てた! え、でもPC or ブラウザーによっては文字化けするかも・・)

春キャベツのアンチョビソテー

春キャベツのアンチョビー・ソテー

春キャベツ8分の1を適当な大きさにカットし、熱したフライパンに、無塩バター大さじ1。みじん切りにしたアンチョビ、ケッパー、ニンニクをそれぞれ、小さじ1入れて、バターがキツネ色になったらキャベツを加え、1~2分炒める。最後に黒胡椒を降り盛り付ける。

ポイント その1 春キャベツは普通のキャベツより柔らかいので、炒める時間は短く!
     その2 フライパンをよく熱しバターはキツネ色に

クレソンとパンチェッタのサラダ

画像-0023

今日はクレソンとパンチェッタのサラダです。

パンチェッタ(なければ厚切りベーコンでも可)を5ミリ角位に切る(10個くらい)
ニンニクのみじん切り、こさじ1。オリーブ油、こさじ1。赤ワインビネガー、大さじ1。クレソン適量。

熱したフライパンにベーコンを入れ、きつね色になったらニンニクを加える。
ニンニクも色付いたら赤ワインビネガーを入れ、手早くボールに用意したクレソンにかけて和える。

最後に黒胡椒をかけ出来上がり!

ポイント:ビネガーを加えたら直ぐに火を止め、手早くクレソンにかける事。

クレソンがなければ、サラダ用ほうれん草や、サラダ用春菊などでもOK!

ご存知 わさびのパスタ

わさびのパスタ
<ギャマン定番 わさびのパスタ>

ボールに、バターこさじ一杯、塩ひとつまみ、昆布茶又は味の素をひとつまみを用意。

肝心のわさびは市販のチューブ入り!本わさびだと熱を加えると辛みだけが強くなって香りが飛んでしまいます。
一人前の量はだいたいニョロっと2~3センチ位絞って下さい。

茹で上がったパスタを入れ良く混ぜる。皿に盛り、ゴマとオオバを振って出来上がり!

ワン・ポイント:茹で上がったパスタを入れる時の湯切りを控えめ目に!茹で汁を利用して、わさびとバターを溶かしましょう。パスタは規定の茹で時間より気持ち早めにあげてアルデンテで!

Buon Appetito!!

味噌漬け長芋の焦がし焼き

味噌漬け長芋
<味噌漬け長芋の焦がし焼き>
皮をむいた長芋を厚さ2センチ位の輪切りにする。

ボールに白味噌大さじ3。みりん、大さじ1。酒大さじ1を入れ良く混ぜる。

輪切りにした長芋を漬け込み、魚焼きグリルで表面が焦げるまで焼く。
漬け込みはできれば半日。でも味噌を多めにつければすぐに焼いてもOK!

ポイントはしっかり焼き色を付けて、香ばしさを!
ギャマンの味をご家庭で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。