プロフィール

"木のやん"こと木下威征

Author:"木のやん"こと木下威征
オーギャマンドトキオの「木のやん」こと木下威征です。お店にお越しいただくお客様とのちょっとしたやりとり、その日入荷した食材にまつわるエピソード、修行時代の思い出などなど思いつくまま。ありふれた食材をちょっとした工夫でアッと驚く一皿に変えるギャマンなレシピも紹介します。

ようこそ 木のやんのブログへ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリップ

画像-0110

ちょっと見づらいが、こちらは、トリップ。イタリアンだとトリッパ。牛の胃袋のことだ。

ご存知のとおり牛には4つの胃袋があり、このトリップはそのうちの第2番目の胃袋だ。

ちなみに、第1がミノ、第3がセンマイ、第4がギャラと呼ばれている。

トリップは、表面が蜂の巣に似ているので蜂の巣とも呼ばれたりもする。

これらは、戦後、関西地方を中心に広がって行ったのだが、それより以前は食べずに捨てられていた。

関西では「捨てる」ことを「ほる」「ほうる」あるいは「ほかす」とよく言うが、これらは最初は「ほうるもん」つまり「捨てる物」だった訳だ。それを食べるようになったことであの「ホルモン焼き」に代表される「ホルモン(ほうるもん)」と呼ばれるようになった。

さて、脱線したが、トリップはじっくり煮る事で柔らかくなり、ゼラチン質に富んだ食材だ。

今日はフランスのカルバドス地方の料理、「トリップのシードル煮」にしてみました!!
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ギャマンの味をご家庭で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。