FC2ブログ
プロフィール

"木のやん"こと木下威征

Author:"木のやん"こと木下威征
オーギャマンドトキオの「木のやん」こと木下威征です。お店にお越しいただくお客様とのちょっとしたやりとり、その日入荷した食材にまつわるエピソード、修行時代の思い出などなど思いつくまま。ありふれた食材をちょっとした工夫でアッと驚く一皿に変えるギャマンなレシピも紹介します。

ようこそ 木のやんのブログへ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に喜んでもらえる料理を作りたい!

木のやん、作る

<こんな明るい時間から仕込む>

今の僕の料理(オーギャマンの料理)はフレンチの様でそうでない。でも僕はそれで良い、と思っている。

寒い寒い雪山を手をかじかませ、足をかじかませ、全身冷えきった体でやっとの思いで登頂した人にギンギンに冷えたシャンパンを注いで喜ぶだろうか?

今、何故自分が料理人になろうと思ったかを思い出したい。
僕の場合、「自分の作った物で人に喜んでもらいたい」「人の喜ぶ顔が好き」そこからだった。
それを思えば、全身冷えきった人には暖かい味噌汁を出してあげたい。

たまたまフレンチを学んだだけで、人を料理で喜ばすには「ジャンルなんて、ど~でもいい。」それが今の僕の考えだ。自分の持っている知識や技術を絞り出し「一食入魂」「喜んでもらいたい」その一心で作れば、必ず、その思いは伝わるだろう。

実際今夜もメニューに無いものを沢山作った。

「木のやん。近くに来たから顔見に寄ったよ。飯は食って来た。でも何だかラーメン食いて~。」そんな声が聞こえれば、僕はラーメンを作る。まさかフランス料理屋で?!と思うかも知れないけど、邪道だと言われるかも知れないけど、僕はそれでいいと思っている。何故なら。僕は人の喜ぶ顔が見たいから。

きっと今日も黒板メニューに乗ってない料理を沢山作っているだろう
スポンサーサイト

COMMENT

惚れなおしました!

やさしそうな木下さんから、「強い」食への情熱を感じました。そして感動しちゃいました。私の喜ぶ顔をぜひぜひ引き出してください!

No title

ブログ開設おめでとうございます。
一度CyberSobaさんと伺わせていただきました。
その節は大変有意義な馳走の数々、ありがとうございました。
その折の内容はこちら⇒
http://blog.goo.ne.jp/kazuharu_2002/s/%A5%C8%A5%AD%A5%AA
ちょくちょく拝見させていただき、楽しませていただきます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラーメン

Toi Toi ! オーギャマンな夜はふけて・・・ 「木のやん。近くに来たから顔見に寄ったよ。飯は食って来た。でも何だかラーメン食いて~。」そんな声が聞こえれば、僕はラーメンを作る。まさかフランス料理屋で?!と思うかも知れないけど、邪道だと言われるかも知れないけ...
ギャマンの味をご家庭で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。