FC2ブログ
プロフィール

"木のやん"こと木下威征

Author:"木のやん"こと木下威征
オーギャマンドトキオの「木のやん」こと木下威征です。お店にお越しいただくお客様とのちょっとしたやりとり、その日入荷した食材にまつわるエピソード、修行時代の思い出などなど思いつくまま。ありふれた食材をちょっとした工夫でアッと驚く一皿に変えるギャマンなレシピも紹介します。

ようこそ 木のやんのブログへ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビニヨンの思い出 その8

なかなか症状の改善しない僕は・・・とうとうは意を決してシェフに相談する事にした。

「あの~、相談があるんですけど~」めったにシェフに相談する事などなかった僕が話しかけると、彼は「ど~した?!何か問題か?」と、とても親身に心配そうに近寄って来た。

周りには仲間も大勢いる。「ここでは、ちょっと」と言うと彼は益々心配そうに、ただ事では無い気がしたのか声を小さく「分かった、話しを聞こう。人が気になるなら、僕のオフィスに来なさい。」と心配そうに僕をオフィスに連れて行った。

ドアを閉め「さぁ、ど~した?何があった?」僕は照れくさそうに「実は・・・実は、実は、大事なアソコが・・・」シェフは「んっ?」という顔をして「何だって?今、何て言った?」

僕はもう一度、照れくさそうに。「実は、アソコがジビエのバイ菌で腫れてしまいました!」「2、3日経ちますが腫れも痛みも退きません」「ど~したら良いでしょう?」

「ハッハッハッハ~!!」とシェフのオフィスに大きな笑い声が・・・

つづく
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ギャマンの味をご家庭で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。